人の基礎を作るものが「教育」であるということ

教えて育てるという文字通り、人の成長に欠かせない物が教育です。
学校で教わる事はもちろんですが、人とのコミュニケーションの取り方やいざという時に命や財産を守る方法、金銭との関わり方など、生きていく上で重要な事柄に対しての教育は必要不可欠です。
 先人の経験に基づいたアドバイスも教育の一環ではないでしょうか。
親から子へ、先輩から後輩へ、培ってきた技術や情報を伝える事、時には失敗談を面白おかしく話す事、何気ない会話も教育なのです。
 教科書的なお勉強を楽しむ事ができないというのはよくある話です。
そこから学ぶこと自体に対して興味を失ってしまうのは非常にもったいなく、危険な事です。
知る事は世界を広げる事であり、優しさや許容を生み出します。
 教育と聞くと固い言葉のようですが、決して難しい事ではありません。
すぐそこにある希望の種が教育です。
 いくつになっても遅くありませんし、幼い子供に早すぎるという事もありません。
その時々で学ぶべきこと、学ぶ事ができる事が存在するはずです。
 教育は、より良き成長の基礎なのです。