英語教育の現場を整備するために

教育の現場は、日々、刻々と変化しています。
その中でも特に顕著なのが、英語教育の現場です。
長年、「日本人は、義務教育で学習するにも関わらず、生きた英語を話すことができない」と言われてきました。
そのため、最近では英語教育を小学校の早い段階から始めようという動きが活発になっています。
これまで、英語の授業は中学校から本格的に始めるのが普通でした。
もちろん、中学では専門教科の教師が授業を受け持つため、英語専門の教師が授業を行います。
しかし、日本の小学校は、すべての授業を担任教師が受け持つことが一般的です。
そのため、早期の英語授業も各クラスの担任教師が行うことが恒例となっており、このことが教師陣の大きな負担となっている事実があります。
それらを解決するためには、英語専任の教師を採用するか、外部講師を授業担当とする必要があります。
しかし、それらは即座に対応できる措置ではありません。
そのため、教育の現場が整備するまでに、タブレットやDVDなど、様々な教材を駆使して授業を行うことが大切です。
幸い、日本の学校ではパソコンやテレビなどの環境が整っています。
それらをフル活用して、生きた英語のヒヤリングをすることが大切と言えます。