こんな教育だけならもっと楽しかったかも

数学は苦手、日本人だから英語がわからないのは当然といった声は、教育現場で勉強がうまくできない子供たちからよくあがります。
親としては頭の痛いところでしょうが、数学がわからないからと言って数学の勉強を増やすことや、同様に英語がわからないから英語の勉強を多くしたとして、果たして成績は上がるものでしょうか。
答えは五分五分と言えるでしょう。
それというのも数学も英語も、理解するにはまず日本語を理解しないといけません。
テストの問題は日本語で書かれていますので、当然のことです。
英語で書かれていて、英語で答える場合は問題ないでしょうが、いったん日本語に置き換えるならそれこそ国語力が求められます。
国語力を鍛えるのにもっとも適した方法は、本を読むことです。
それも哲学書や自己啓発書ではなく小説が望ましいのは、話言葉で使われる表現と文章にする表現とで異なることが理解できるからです。
話すときの言葉が、文字で書くとこうなるということを理解するには小説はうってつけで、小説を読むという教育をもっと行えていたなら、勉強が大好きになったかもしれません。