大学進学率と日本の教育レベルに関して

昔に比べると格段に上がっているのが、大学進学率だと言われています。
少子高齢化の影響もありますが、望めば全員が大学に進学出来る時代となっています。
幸せなことでもありますし、デメリットとしては二極化ではないでしょうか。
大学生の学力に差が出てしまい、社会に出てから壁に当たってしまうことがあります。
とりわけ日本の大学は、入学時は厳しい試験を課して、卒業は緩やかだと言われています。
アルバイトや遊びが中心の生活になってしまい、最も力を付けないといけない期間を無駄にしてしまっています。
日本の教育システムを抜本的に変える必要がありますし、競争を激化させることが大切ではないでしょうか。
アジア諸国との競争も激しさを増していますし、指をくわえて高みの見物は出来ない時代が来ています。
教育に関する予算を更に上げることが重要で、それが国力に繋がるのではないでしょうか。
改革を進めることで、世界の中でも存在感が増すはずです。

査定無料でディズニー英語システムを買取します
価格がそぐわなければお断りしていただいても構いません

最新投稿